CN

ペイントプロテクションンフィルムについて

2021-04-02
シェア:

「ペイントプロテクションフィルム」は、飛び石や擦りキズなどの外的要素から自動車のボディーを守るために開発されたフィルムと思われがちですが、元々は軍事的に開発され使用された経緯があります。

ベトナム戦争中、ヘリコプターのロータブレードや戦闘機のキャノピー、他の敏感な部分は、運用の際にしばしば飛散物や破片によって損傷を受けました。

これらの可動部品を保護するために、米軍は民間企業に目立たずかつ軽量である事を条件に解決策を提示するように求め、代用にあげられたペイントプロテクションフィルムが損傷したロータブレードの交換や修理と比較し、コストや作業効率での違いが明らかであった為、速やかに採用されました。

結果として、ペイントプロテクションフィルムという用語は、自動車への使用が優先されるにつれて一般的になりつつありますが、こういった起源が存在し、性能についても既に実証されて現在に至っている事がうかがえます。

軍用ヘリコプター

ローターシャフトとブレード部分

「Moretec(マプロ)・プロテクションフィルム(MTフィルム)」は、車体の保護のために特別に設計されているので、ペイントプロテクションフィルムとして特に重要視される「透明性」、「曲面追従性」、「低粘着性」、「耐汚染性」などの性能に優れた製品です。


 

Copyright (C) 2017 MORETEC TECHNOLOGY, LTD.,